春のオープンガーデン 県南編  2018.4月〜6月 


この春、県南では2軒のお庭がエントリーされました。
毎年公開してくださる佐伯のMさんはお庭の写真でホームページの
「今月の花」をコメントとともに提供していただいています。

佐伯市蒲江のT庭は今回初めての公開です。
バラを始めてまだ2~3年とのことですが、
もともと菊栽培の農家さん、やはりプロは違います!
楽しみにおでかけください。
10. M邸 佐伯市
広々としたお庭にログハウス
ご自宅横に贅沢な空間が広がります。
フロックス・ピロサ。
あまり見かけませんが、横に広がっていく宿根草で自然な雰囲気がとてもいいですね。

珍しい黄緑色の花タバコ(ニコチアナF1ティンカーベル?)
背丈が1m近いです。


珍しいだけでなく、気候にあってて丈夫で使いやすく、美しい草花は
こうやって種をまき、苗を育てているんですね!
でもこれは別、今一番気に入っていらっしゃる
宮崎県綾園芸のラナンキュラス・ラックスシリーズ
植えっぱなしで毎年大株になるそうです。
11. T邸 佐伯市蒲江
ほんとにたった2~3年とは思えませんよね!
こんなにおおきくなるもんでしょうか?
たくさんの品種のどれも花付き良く、発色良く、香り良く
ロイヤル・サンセット、葉がつやつやですね!

ディープカップの濃い赤が、とても目を引きます。
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールは花持ちもいいそうです

始まりはこのつるバラ「ゴールドバニー」だそうです。
あっと言う間に高さ3m幅8メートルの生垣状になり、この美しい花を咲かせました。
それからはありとあらゆるバラを植え、こんなことまで!
これから作る新しい庭園。来年はきっとすごいことになってるのでしょうね!
また伺いますね!