リンク
2017(H29)年の<写真ギャラリー>はこちら
★ここに掲載の写真は、会員(ふろーりすと)さんのお庭に咲いている のお花です。(sinse2010)
H30年8月31日更新
「ランタナ」
【学名】  Rantana  camara
 【科名】  クマツヅラ科

【属名】  ランタナ属
【性状】  常緑低木
【原産地】 熱帯アメリカ

 ロウトのような形の小さな花をてまり状に咲かせます。
  丈夫で育てやすく、この品種は匍匐性で
  葉が斑入りなので庭を明るくしてくれます。
H30年8月31日更新
「ヘリオプシス ローレンサンシャイン」
【学 名】 Heliopsis ’Loraine Sunshine'
 【科 名】 キク科
 【属 名】 ヘリオプシス属
 【性 状】 宿根草
 【原産地】北アメリカ(原種の主な自生地)

 ヘリオプシスは夏中花を咲かせる 丈夫な宿根草です。
 冬越しもばっちりで、この品種は葉にくっきり網目状の
 模様が付いていて とても綺麗です。
H30年7月26日更新
「広葉マウンテンミント」
 【学名】 Pycnanthemum muticum
   【科名】 シソ科
 【属名】 サルビア属
 【性状】 耐寒性多年草
 【花期】 夏
 【原産地】北アメリカ(原種の自生地)

花は薄紫で小さくすぐ茶色に変色するが 花の周りの葉が白くなり暑い季節に涼しげな風情です。
切り花用材として使われ 葉茎には さわやかなミントの香りがある。
H30年6月17日更新
「アナベル」
【学名】 Hydrangea
 【科名】 アジサイ科
 【属名】 アジサイ属
 【性状】 落葉低木
 【原産地】北アメリカ東部
初夏に20〜30pの大きな花が開花する。
 花の色の最初はグリーン咲き進むに従って
 白くなり色の変化が素敵です。
H30年5月16日更新
「サラサウツギ」更紗空木
【学名】Deutzia  scabra "Plena"
 【科名】アジサイ科
 【属名】ウツギ属
 【性状】落葉低木
 【原産地】不明

 薄いピンクの細い花びらが 枝一杯に付きます。
 花弁が細かく涼しげな初夏の花です。
 綺麗で存在感があるのでお庭をあかるくしてくれます。
H30年4月24日更新
「ラナンキュラス・ラックス・アリアドネ」
 【学名】 Ranunclus asiaticus ariadne
   【科名】 キンポウゲ科
 【属名】 ラナンキュラス属
 【性状】 多年草
 【原産地】中近東〜ヨーロッパ南東部

 綾園芸が品種改良したラナンキュラス・ラックス!
  比較的耐寒性があり 地植えでも育つ。

 花色は多く 八重咲・バラ咲き等色んな品種がある。
 花期が長く早春から庭に華やかさを演出してくれる。 ギリシ神話に登場する神の名前が付けられている。
H30年3月17日更新
 
「ひゆうが水木」
 【学 名】 Corylospsis pauciflora
   【科 名】 マンサク科
 【属 名】 トサミズキ属
 【性 状】 落葉低木
 【原産地】石川県〜兵庫県の日本海側
      の岩場

   2~3個の丸みのある黄白色の小花が
 数多く下垂し早春の庭を明るく彩ってくれます。

H30年2月24日更新
ウメ
【和名】 梅
【学名】 Prums mume
【科名】 バラ科
【属名】 サクラ属
【開花】 1月〜3月

 ウメは実梅と花梅を合わせて300種ほどあります。
 幼いころから我が家の庭にある梅の木、毎年枝一杯の花を付け春近しを告げてくれます。極寒の今年の冬にも2月始めから満開の花を付け、楽しませてくれています。
H30年1月7日更新 
山茶花
【学名】 Camellia sasanqua
【科名】 ツバキ科
【属名】 ツバキ属

【性状】  中高木
【原産地】山口県・四国・九州・沖縄の山地

日本の比較的温暖な地域に自生する常緑性の小高木
です。10〜4月まで 花の少ない時期に庭を彩ってくれます。